お口のさまざまな
トラブルを解決します

親知らずの抜歯やブラキシズム(歯ぎしりなど)、
顎関節症や口腔粘膜疾患といったお悩みは、口腔外科での処置が必要です。
症状をそのまま放置することによって、咬み合わせの乱れなどにつながり、
より大きなトラブルに発展する可能性があります。
お口のさまざまなトラブルを解決するために、
船橋・Kメディカルモール内の歯医者
「あおぞら歯科クリニック 本院」の口腔外科をご利用ください。

about surgery

口腔外科とは

  • 親知らずの抜歯
  • 口腔周辺の
    外傷・骨折
  • 口腔粘膜疾患
  • 顎関節症

など…

上記のような症状に対し、外科的処置を行うのが口腔外科です。
虫歯治療はもちろんのこと、さまざまなお口のトラブルに対応していますので、気になる症状がありましたら、当院までご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずは生えてくる角度が悪かったり、スペースがないのに無理矢理生えてきたりすることでお口の中にトラブルを発生させる場合があります。
また、歯ブラシが届かず虫歯や歯周病になりやすかったり、上下一方だけが生えているせいで、咬み合う歯ぐきを傷つけてしまったりといった問題が起こることも。
こうした場合には、親知らずの抜歯が必要となります。

PICK UP!

親知らずには抜歯が不要なケースも?

「正しい方向に生えている」「上下とも生えており、しっかり咬み合っている」というような場合には、親知らずであっても抜歯が不要のケースもあります。ケアさえ行き届いていれば、虫歯や歯周病のリスクも少ないと言えます。
ただし、お口の中の状態が変化することもあるので、少しでも気になる症状が現れた際には、痛みなどがなくてもお早めに当院までお越しください。

抜歯処置、特に下の親知らずの抜歯の際は、神経・血管が近くを走行していることが多く、施術者が神経・血管の位置をしっかり把握していることが大変重要です。
当院では、神経損傷などのリスクを極力回避するために、術前に3次元写真(CT)を撮影し、術前診断をしっかり行ってから抜歯を行ってまいります。

check list

親知らずの抜歯で
知っておいてほしいこと

抜いた方が良い
親知らず
の判断基準

  • 親知らずが邪魔をして周りの歯が磨きにくく、虫歯や歯周病に罹る可能性がある場合
  • 親知らずの生え方が問題で、その横に生えている歯が押されて痛みや腫れが出ている場合
  • 親知らずが重度の虫歯に罹っている場合
  • 歯列矯正をするのに親知らずが邪魔になってしまっている場合
  • 親知らずが斜めに生えていて頬の内側の粘膜や歯肉を傷つけている場合

親知らずの具体的な治療方法

1 麻酔 歯茎の表面に麻酔を塗り、十分浸透したら麻酔注射を行う。
2 外科処置
  • 01. 歯茎をメスで切開し、親知らずを露出させる
  • 02. 親知らずの一部を削り、抜歯を行う
  • 03. 抜歯後、抜歯窩を洗浄する
3 縫合 抜歯部分をレントゲン等で確認後、切開した歯茎部分を縫合する
4 抜糸 縫合箇所の抜糸(縫合から7~10日後)

dental articulation

咬合(こうごう)に
ついて

咬み合わせの乱れは見た目を悪くするだけでなく、お口や体全体の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
場合によっては歯の摩耗や顎関節症を招くこともありますので、早めの対策が重要です。

咬み合わせの乱れ
による影響

  • ブラッシングが行き届かず、口腔内環境が悪化し虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 咬む筋肉のバランスが崩れることで顎関節症が起こり、体全身に歪みを生じさせ、頭痛や肩こり、腰痛を引き起こす
  • 食べ物をしっかり咀嚼(そしゃく)できず丸飲みしてしまい、胃腸など消化器系に負担がかかる
  • 口元の見た目が悪く、コンプレックスになる
  • 歯のすき間から空気が漏れたり、舌が動かしづらかったりするせいで、正しい発音ができなくなる
  • 均等な咬み合わせができないので一定に歯に大きな負荷がかかり、歯の摩耗や寿命を縮めることにつながる

咬み合わせを悪化させる歯ぎしり(ブラキシズム)について

就寝中や無意識にしている歯ぎしりや食いしばりも、咬み合わせに悪影響を及ぼす場合があります。
歯の摩耗や咬み合わせの乱れが顎関節症や顎の筋肉のバランス崩壊を招き、さらに咬み合わせを悪くするという悪循環も考えられます。また姿勢も悪くなっていくなどの影響も考えられます。
歯ぎしりへの対策としては、就寝中にマウスピースを装着して、症状の緩和に期待するといったものがあります。

about treatment of temporomandibular disorders

顎関節症治療について

「口を開けづらい」「口を大きく開けようとすると痛い」「口を開閉すると音がする」これらは顎関節症の代表的な症状です。
顎関節症は筋肉の緊張や咬み合わせの不調を招くことがあり、それが原因となって頭痛や肩こり、腰痛、めまい、倦怠感を生むケースもあります。
顎関節症と日常的な動作や生活習慣には深い関係があるので、多角的な診断を行い、適切な処置を行うことが大切です。

PICK UP!

顎関節症の一般的な治療法

  • リハビリテーション
  • 薬物療法(鎮痛剤や筋弛緩薬の服用)
  • スプリント療法(マウスピース治療)
  • 関節腔内洗浄
  • 薬剤注入

など……患者様の症状に合わせて適切な方法をご提案します。

about oral mucosal disease

口腔粘膜疾患について

口腔外科では唇や歯ぐき、舌、口腔内の天井部分、頬の内側といった口腔粘膜全般の治療に対応します。
「口の中をケガしてしまった」「口内炎ができやすくて、なかなか治らない」「口の中が腫れている」といったトラブルがあれば、お気軽にご相談ください。
口内炎だと思っていたものが、実は腫瘍であったというケースもあります。
「別に大したことないだろう」と決め付けずに、気になる症状がありましたらなんでもお任せください。

口腔癌やリスクの高い
外科治療について

口腔癌やリスクの高い外科治療に関しては、
当院と連携している「船橋中央病院」や「東京歯科大学病院」などの大学病院などへ速やかに紹介できる体制を整えております。

medical partner

当院は船橋中央病院との
連携をしています

地域医療連携医証書

お口周りにケガや異常
ございましたら、
まずは口腔外科へ対応した当院へ
ご相談下さい。