当院のインプラント治療に
ついて

虫歯や歯周病、または事故などで歯を失うことは誰にでも起こりえます。
その際に歯を失ったままで放置するのではなく、
しっかりと歯を作ることを意味する補綴(ほてつ)することが重要です。
船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック 本院」では、
補綴治療の中でもインプラントをおすすめしています。
当院では多くの実績と高い技術力、こだわりのインプラントシステムで
安心・安全の治療をご提供します。
インプラント治療を通して天然歯のような見た目と咬み心地を手に入れませんか?
※インプラント治療は、自由診療(健康保険が適応外)となります。

causes of tooth decay

自分の歯のように咬める
インプラントについて

歯を失った場合の治療法としてはインプラントの他には、入れ歯やブリッジがあります。
しかし、これらの方法は周囲の歯を削合したり、負担をかける必要があり、装着感や咬み心地にも違和感が残ることが多い治療です。
一方、インプラント治療はボルト状の人工歯根を骨に入れ、その上部へ人工の歯冠を取り付けることで歯の機能を回復させる治療法で、見た目・装着感・咬み心地がよいというメリットがあります。

インプラント治療のメリット・デメリット

  • メリット
    • 非常に安定した咬み合わせ
    • 天然歯のように自然で美しい見た目
    • 天然歯のような咬み心地
    • 適切なケア・メインテナンスでブリッジや入れ歯より長く使用できる
  • デメリット
    • 全身疾患を持っていたり、妊娠中の場合、また骨の状態によっては適用できない場合がある
    • 費用が高い(自費治療・40万程度/本)
    • 外科手術が必要

commitment

当院のインプラント治療の
こだわり

それぞれの患者様に合った治療法をご提案

当院は開業以来、1,000本をゆうに超えるインプラント治療実績があります。
多くの患者様から「入れ歯よりもいい」「痛みもなく快適」とのお声をいただきました。しかし、インプラントには費用が高い、外科手術が必要などの点がネックとなる場合があるのも事実です。
失った歯に対する最適な処置は人によって異なります。
患者様によってインプラントではなく、入れ歯やブリッジといった選択肢も十分にあり得るでしょう。
当院では、患者様のお口の状態をしっかりチェックしながらご要望をお伺いし、一人ひとりに合わせた最善の治療法をご提案いたします。

当院の院長は
「インプラント臨床マイスター」です

当院の院長は、日本初の歯科インプラントメーカーである「京セラメディカル」公認のインプラント臨床マイスターの資格を所有しています。
数多くの実績と高い技術力には自信があり、患者様のインプラント治療をしっかりとサポートいたします。

pick up!

インプラント臨床マイスターとは?

インプラント臨床マイスターは、京セラメディカル社製のインプラントを導入する歯科医師に対して、教育・指導的立場となる存在のことです。
「年間200本の臨床実績」「10年以上のインプラント臨床キャリア」「インプラント学会の認定資格を有する」のいずれかを判断材料とし、京セラメディカル社から公認を受けるもので、平成26年現在、全国で108名、千葉県で5名が認定されています。

日本製インプラントシェアNo1のインプラントシステムを採用

当院では、患者様に末永く安心してインプラントをお使いいただくために国産インプラントメーカーである京セラメディカル社製「POI EXインプラント」「FINESIA」を主に使用しています。「POI EXインプラント」のコンセプトは「日本人による日本人のためのインプラント」です。
日本人の顎の大きさや骨の形を考慮し開発されており、日本製インプラントのシェアはNo.1。高い信頼性を誇っている、安心のトップブランドです。

flow

治療の流れ

  1. 01

    歯肉切開

    インプラントを埋入するために歯肉を切開します。麻酔を打った後に顎の骨を露出させます。

  2. 02

    ドリリング

    専用のドリルを用いてインプラントを埋め込む穴を顎の骨に開けます。

  3. 03

    インプラント埋入

    顎の骨に開けたスペースにインプラントを埋入します。

  4. 04

    待機期間

    インプラントを歯肉で覆って縫合します。顎の骨と結合させる治癒の期間を置きます。

  5. 05

    アバットメント装着

    インプラントと顎の骨が結合したら、歯肉を切開します。そして、人工歯とインプラントの接続部分にあたるアバットメントを装着します。

  6. 06

    人工歯装着

    アバットメントの上に人工歯を装着して治療完了になります。インプラントは治療後のケアこそがもっとも重要なので、定期的なメインテナンスを行うようにしましょう。

about bone regeneration therapy

骨再生療法とは

骨補填剤や人工骨などを移植することで骨の強度を増す治療が骨再生療法です。
歯周病が重度にまで進行したり、長期間にわたり歯が抜けたままの状態で放置してしまったりすると、
歯を支える骨に正常な機能圧がかからなくなります。
その結果、歯を支える骨がやせほそってしまうことも。
インプラントをしっかりと支えるためには、骨の安定が不可欠です。
当院では、骨再生療法としてGBR法、サイナスリフトとソケットリフトを行っています。

GBR法

GBR法は抜歯後に骨が完全に戻らず、インプラントを行うには支えとなる骨が無い場合に、骨を再生するための処置になります。
骨再生の足場となる薬剤を使用し、また酸素は通すが歯肉の細胞は通さない特殊な膜を併用することで、インプラント可能な骨を再生していきます。

サイナスリフト

  1. サイナスリフトのフロー図1
  2. サイナスリフトのフロー図2
  3. サイナスリフトのフロー図3

サイナスリフトは、上顎の骨の再生手術のひとつです。
頬側の歯肉を剥離して骨を取り除いてサイナス(上顎洞)を持ち上げて上顎の骨との間にすき間を作り、骨移植や骨補填材を注入することで骨造成を誘導します。約半年ほどで骨が作られます。

ソケットリフト

  1. ソケットリフトのフロー図1
  2. ソケットリフトのフロー図2
  3. ソケットリフトのフロー図3

ソケットリフトはサイナスリフトと同様に上顎の骨の再生手術のひとつです。
口腔内からサイナス(上顎洞)を持ち上げて隙間を作り、骨移植や骨補填材を注入することで骨造成を誘導します。
サイナスリフトが横から骨補填剤を入れるのに対し、ソケットリフトはサイナスを下から押し上げて歯を失った部分に骨補填材を入れ、インプラントを埋入します。約4~5ヶ月で骨が作られます。

リッジエクスパンション

リッジエクスパンションとは、歯が無くなってから時間が経っている場合、骨が吸収してしまいインプラントを埋入できるほどの骨の厚みが確保できない場合に行う方法です。細くなった骨を特殊な器具を使い、少しずつ拡げていき、インプラントが可能な厚さまでに再生していきます。

pick up!

インプラントが難しいと言われた方へ

当院の院長は「京セラメディカル公認インプラント臨床マイスター」として、数多くの難症例のインプラント埋入を行ってきました。他院でインプラントは難しいと診断された方でも、何か方法があるかもしれませんので、ぜひ一度当院にご相談ください。

料金

インプラント 380,000円~450,000円/本(税抜)

risk

インプラント治療の
リスクについて

インプラント治療の基本は外科手術で、
歯ぐきを切開したり顎の骨を触るなどリスクを伴う治療になります。
以下のリスクをご確認いただき、
当院の歯科医師に十分なインフォームドコンセントを受けいただければと思います。

治療における主なリスク

  • risk 01

    神経麻痺

    手術前に患者様の顎の形状をしっかりと認識できていないことで、術中にドリルやインプラント体が神経に触れてしまい、損傷や圧迫によって麻痺してしまう可能性があります。

  • risk 02

    血管損傷

    神経の麻痺と同様に、手術前に患者様の血管の位置を正確に把握できていないことで、術中にドリルやインプラント体が血管を傷つけて出血が大量になる可能性があります。

当院では歯科用CTを用いて、これらのリスクを避けるための精密な術前検査を行っておりますので、ご安心ください。

to continue to use comfortably

インプラントは治療完了で
終わりではありません

インプラントを末永く快適に使い続けるためには、毎日のブラッシングなどケアが必要です。また、定期的に歯医者までお越しいただき、メインテナンスを行うことも重要です。
こうしたケアを怠るとインプラント周囲炎などのトラブルが発生してしまう可能性があります。

pick up!

インプラント周囲炎とは?

インプラント自体は高品質な人工素材なので、虫歯などのリスクはありません。
しかし、インプラントが埋め込まれた歯ぐきは、歯周病のような症状を招く場合があります。これをインプラント周囲炎と言います。
インプラント周囲炎になってしまうと、歯周病と同じように歯周組織が溶けてしまい、インプラント自体が抜け落ちる場合があるので注意が必要です。