自分に合った
入れ歯を見つけましょう

「歯を失ってしまった」「今の入れ歯に不満がある」という方は
船橋Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック 本院」までお越しください。
患者様一人ひとりに最適な入れ歯(義歯)やブリッジをご提案します。
保険診療・自費診療どちらの素材をご希望の場合でも、
しっかりメリット・デメリットについて説明しますので、
ご自身に合ったものをお選びください。

risk of neglect

歯を失った際に
放置するリスク

歯を失うとさまざまなデメリットが生じます。
例えば前歯の場合は、やはり見た目が悪くなってしまうことは避けられません。
また、見た目では分かりづらい奥歯の場合でも、そのまま放置してしまうことでトラブルが起こる可能性があります。

歯を失うと
こんなトラブル
起こることも…

  • 咬み合っていた歯が伸びてきてしまう
  • 失った歯の両隣の歯が倒れ込んでくる
  • 咬み合わせが乱れてくる
  • 顔の輪郭のバランスが崩れてくる
  • 悪い咬み合わせが原因で肩こりや頭痛、顎関節症、しびれなどが起こる
  • 歯のケアがしにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • 咀嚼(そしゃく)がしっかり行えず、消化器系に負担がかかってしまう
  • 咀嚼(そしゃく)が減ってしまい、唾液の分泌量が減って口腔内の洗浄が行われない
  • 正しい発音ができなくなる
  • 咬むことによる脳への刺激が減り、老化が進行してしまう

merit & demerit

入れ歯とブリッジの
メリット・デメリット

入れ歯

歯型を採取して、取り外し可能な人工歯を作る治療法

  • 歯型採取だけなので患者様の身体的負担が小さい
  • 早ければ1ヶ月程度で完成する
  • ほとんどの症例に対応できる
  • 保険適用できるので安価で作れる
  • 咬む力の回復はあまり期待できない
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 時間とともに合わなくなってくるので調整が必要になる
  • 慣れるまで違和感がある
  • 顎の骨が痩せやすくなる
ブリッジ

失った歯の両隣の歯に橋をかけるように人工歯を固定して装着する治療法

  • 保険が適用できるケースもある
  • 口腔内で違和感が少なく、咬み心地もよい
  • セラミック使用で見た目に自然な仕上がりになる
  • 両側の歯を大きく削る必要がある
  • 健康な歯へのダメージが大きい
  • 症例によって適用できないことがある
  • 顎の骨が痩せることがある
インプラント

人工の歯根を失った歯の部分に埋め込み、歯を補う治療法

  • 硬いものをしっかりと噛める
  • 周りの歯を傷つけない
  • 顎の骨が痩せない
  • 見た目が綺麗
  • 手術が必要になる
  • 治療時間が長い
  • 保険適用外のため、費用が高い

choose dentures

入れ歯という選択肢

歯を失った場合の補綴(ほてつ)治療として、もっとも一般的に利用されるのが「入れ歯(義歯)」です。
従来の入れ歯は「目立つ」「付け心地・咬み心地が悪い」といったイメージがありましたが、現在では見た目も自然で装着感の良いものも多く登場しています。

入れ歯の種類について

入れ歯は大きく分けて「部分入れ歯」と「総入れ歯」という2種類のものがあります。
部分入れ歯は歯を数本失ってしまった場合に部分的に使用する義歯です。総入れ歯はすべての歯を失った場合に利用する義歯です。どちらの場合にも保険診療のものと自費診療のものがあります。

  • 保険診療

    メリット
    • 安価に治療ができる
    • 修理が簡単にできる
    • 治療の回数が少ない
    デメリット
    • 素材や工程などに制約があるので、我慢しなくてはいけないことがある
    • 見た目が不自然で入れ歯であることが周囲に分かりやすい
    • 違和感や痛みがあることも
    • 食べ物の熱が伝わらないので食事が楽しめないことがある
  • 自費診療

    メリット
    • 素材や工程などの制約に縛られることなく、自分の好きな入れ歯が作れる
    • 見た目が自然で装着感も良いものが多い
    • 咬み心地に違和感や痛みが少ない
    • 金属床使用のものは、食べ物の温度が伝わりやすい
    デメリット
    • 保険診療に比べると費用がかかる
    • 素材によっては修理が困難になるものがある

handlink products

当医院の
取り扱い入れ歯について

レジン床

保険適用となるので、比較的費用を抑えた治療が可能な入れ歯です。
歯も歯肉部分も合成樹脂によってできているのが特徴です。

金属床

床部分が薄いので違和感が少なく、さらに金属でできているので食べ物の熱が伝わりやすいという特徴があります。また、とても丈夫で長く使っていくことができます。

ノンクラスプデンチャー

FRSという樹脂でできた、バネ(クラスプ)がない入れ歯です。見た目が非常に自然であり、装着感にも違和感がないのがメリットです。別名エステティックデンチャー。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯がどうしても動いたり外れたりすることが欠点ですが、インプラントを2本~6本埋入することにより、そこを支えとして動かない入れ歯を作製することができます。
入れ歯でもしっかりと食事をしたい方や裏側の厚みが気になる方にはぜひおすすめの治療法です。

料金(自費診療)※税抜き

純チタン/チタン合金 300,000円~350,000円(税抜)
コバルトクロム合金 250,000円~300,000円(税抜)
プラスチック

保険に準ずる

インプラントオーバーデンチャー 1,000,000円~2,700,000円(税抜)
※インプラントの埋入本数による

お使いの入れ歯に不具合がある場合
お気軽にご相談下さい。