成人の多くが悩む歯周病

歯周病は最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうリスクのある恐ろしい病気です。
しかし、初期症状がないことで軽視する人も多く、
気がつけば悪化していたというケースも少なくありません。
また、お口だけでなく体全体に悪影響を及ぼす可能性もあります。
お口や体の健康を保つためにも、
少しでも異変を感じたらすぐに船橋・Kメディカルモール内の歯医者
「あおぞら歯科クリニック 本院」までお越しください。

RISK

歯周病のリスク
~成人の約8割が歯周病~

歯周病は日本の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の一位です。
これは歯周病が初期症状に乏しい病気であり、気がついた時には症状が進行してしまうことが原因だと考えられています。
そのため普段からのケアはもちろん、定期的な歯科検診などで早期発見と早期治療を心がけることが重要だと言えます。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病はお口だけでなく、全身に悪影響を与える場合があると言われています。
下記の糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞への影響、その他妊娠や誤嚥性肺炎への関連も指摘されています。
歯周病菌やその毒素が血液を伝わって全身を巡ることが原因として考えられているようです。

糖尿病

糖尿病患者は歯周病のリスクが高くなると言われています。これは糖尿病にかかると体の免疫力が落ちることが原因のようです。逆に歯周病が糖尿病を進行させている可能性についても疑われています。歯周病が治ると血糖値が下がったという報告もあり、それぞれに密接な関係性があると考えられています。

脳梗塞や心筋梗塞

歯周病やその毒素は血管を狭くする、ということがさまざまな研究によって指摘されています。そのため、脳梗塞や心筋梗塞といった、血管が狭くなることで引き起こされる病気との関連性が注目されています。

歯周病×ブラキシズム(歯ぎしり)は危険?

ブラキシズム(歯ぎしり)は歯ぐきに大きな負担をかけます。
そのため、炎症などが起こりやすくなり、歯周病が進行してしまう場合も。ブラキシズムと歯周病が併発していると、歯槽骨(歯を支える顎の骨)の多くの失うきっかけとなることもあるので注意が必要です。
ブラキシズムのある方は、なるべく夜間にスプリント(マウスピース)をつけて歯を保護していきましょう。
また、ブラキシズムを問題視するのと同様に、歯周病を早期に治療することも大切です。

CHECKLIST

歯周病チェックリスト

チェック結果

0個の方

歯ぐきは健康な状態です。
毎日のお口のケアと歯医者での定期検診でこの状態を維持していきましょう。

1~3個の方

軽度の歯周病である可能性があります。
早めにご来院いただき、早期発見・早期治療に努めましょう。

4~7個の方

歯周病が中等度まで進行している可能性があります。
これ以上の悪化を防ぐため、早めに当院までご来院ください。

8個以上の方

歯周病が重度まで進行している可能性があります。
このまま放置すると、歯が抜け落ちてしまうかもしれません。
できるだけ早く当院までお越しください。

METHOD OF TREATMENT

歯周病の症状と治療法

  • 01歯肉炎

    歯ぐきに軽度の炎症が起きている状態です。
    ブラッシングの際に出血が出ます。

    歯周ポケットの深さ:3mm以下

  • 02軽度⻭⾁炎

    ⻭ぐきが腫れてきている状態です。冷たい物を⼝にするとしみる他、⼝臭もきつくなる場合があります。また、顎の⾻が溶け始めている可能性もあります。

    歯周ポケットの深さ:3mm程度

  • 03中等度⻭周炎

    顎の⾻が半分くらい溶けてしまっている状態です。⻭がグラグラし、出⾎や腫れ、⼝臭が起こる場合があります。また⻭が浮いたような感覚になることもあります。

    歯周ポケットの深さ:4~7mm

  • 04重度⻭周炎

    顎の⾻が3分の2以上溶けてしまっている状態です。⻭がひどくグラつき、⻭根が露出して⻭が⻑くなった気がします。そのまま放置をしておくと、⻭が抜け落ちてしまう場合もあります。

    歯周ポケットの深さ:8mm以上

RISK INCREASES WITH AGE

年齢を重ねるごとに
リスクが高まる歯周病

30歳以上の日本人の約80%が、歯周病および歯周病予備軍と言われています。
さらに年代別で見ていくと、30歳を超えてから8割に達したあと、50~54歳でピークの87.5%を迎え、その後少しずつ下がっていきます。
これは55歳以上の方の歯周病が治ったわけではありません。
すでに歯を失ってしまっているため数値が下がっているのです。

歯肉の所見の有無(年齢階級別)

年齢階級別のグラフ

歯周病の原因はさまざまですが、不規則な生活や栄養バランスの悪い食事が主な原因とされています。そのため、こうした生活を改善することが予防につながります。
また、毎日のブラッシングも怠ってはいけません。ケアをしっかりしていても取り切れないプラークや歯石は、歯医者での除去がお勧めです。
また、定期的に歯科検診を受けることで早期発見・早期治療に努めることも重要だと言えます。

※このグラフは歯肉炎を含む年代別の歯周病の割合のグラフです。60代以降は減ってきているように見えますが、実際は歯が抜けることで歯周病の割合が減ってきてしまうことを表しております。

RISK OF NEGLECT

失った歯を放置する
リスク

虫歯や歯周病、その他ケガや事故などによって歯を失ってしまった場合には、早急な治療が必要です。
欠損部分をそのまま放置しておくことで、さまざまなトラブルが生じるリスクが高まるので大変危険です。

失った歯をそのままにすると…

  • 咬み合わせていた歯が伸びてくる
  • 失った歯の両隣の歯が倒れ込んでくる
  • 入れ歯の入るスペースがなくなり、その後の治療が困難になる

歯を失った箇所を放置することで上記のようなトラブルが起こり、さらに歯並びと咬み合わせが乱れていきます。歯列や咬み合わせの乱れはケアがしづらく、咬む力のバランスなども崩れるので、虫歯・歯周病のリスクの上昇や顎関節症による肩こりなどが起こりやすくなります。

治療を重ねたことによる咬み合わせの問題

「虫歯ができたからとりあえず治す」といった場当たり的な方法を続けていては、口腔内全体の健康維持をすることはできません。
問題が起こった箇所だけでなく、お口全体を包括的に診察していないとさまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。
中でも咬み合わせは重大な問題です。上下の歯がきちんと咬み合っていないと顎の動きが不自然となり、さらに隣り合った歯に虫歯や歯周病ができやすくなる可能性も。
その他にも、顎関節症や歯の破折、知覚過敏といったリスクも高まります。
当院では、患者様それぞれに合わせた咬み合わせを考慮しながら予防処置・治療を行うよう心がけております。

歯周病チェックで
気になるところがあったなら、
お早めにご相談ください。