歯がグラつく・歯ぐきから血が出る~歯周病~

  • トップページ
  • 医院コンセプト
  • 院内紹介
  • アクセス
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ

成人の多くが悩む歯周病

成人の多くが悩む歯周病

歯周病は最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうリスクのある恐ろしい病気です。しかし、初期症状がないことで軽視する人も多く、気がつけば悪化していたというケースも少なくありません。また、お口だけでなく体全体に悪影響を及ぼす可能性もあります。お口や体の健康を保つためにも、少しでも異変を感じたらすぐに船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」までお越しください。

歯周病のリスク~成人の約8割が歯周病~

歯周病のリスク~成人の約8割が歯周病~

歯周病は日本の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の一位です。これは歯周病が初期症状に乏しい病気であり、気がついた時には症状が進行してしまうことが原因だと考えられています。そのため普段からのケアはもちろん、定期的な歯科検診などで早期発見と早期治療を心がけることが重要だと言えます。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病はお口だけでなく、全身に悪影響を与える場合があると言われています。下記の糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞への影響、その他妊娠や誤嚥性肺炎への関連も指摘されています。歯周病菌やその毒素が血液を伝わって全身を巡ることが原因として考えられているようです。

糖尿病 糖尿病患者は歯周病のリスクが高くなると言われています。これは糖尿病にかかると体の免疫力が落ちることが原因のようです。逆に歯周病が糖尿病を進行させている可能性についても疑われています。歯周病が治ると血糖値が下がったという報告もあり、それぞれに密接な関係性があると考えられています。
脳梗塞や心筋梗塞 歯周病やその毒素は血管を狭くする、ということがさまざまな研究によって指摘されています。そのため、脳梗塞や心筋梗塞といった、血管が狭くなることで引き起こされる病気との関連性が注目されています。
歯周病×ブラキシズム(歯ぎしり)は危険?

歯周病×ブラキシズム(歯ぎしり)は危険?

ブラキシズム(歯ぎしり)は歯ぐきに大きな負担をかけます。そのため、炎症などが起こりやすくなり、歯周病が進行してしまう場合も。ブラキシズムと歯周病が併発していると、歯槽骨(歯を支える顎の骨)の多くを失うきっかとなることもあるので注意が必要です。また、ブラキシズムを問題視するのと同様に、歯周病を早期に治療することも大切です。

歯周病チェックリスト

チェック結果
0個の方
歯ぐきは健康な状態です。毎日のお口のケアと歯医者での定期検診でこの状態を維持していきましょう。
1~3個の方
軽度の歯周病である可能性があります。早めにご来院いただき、早期発見・早期治療に努めましょう。
4~7個の方
歯周病が中等度まで進行している可能性があります。これ以上の悪化を防ぐため、早めに当院までご来院ください。
8個以上の方
歯周病が重度まで進行している可能性があります。このまま放置すると、歯が抜け落ちてしまうかもしれません。できるだけ早く当院までお越しください。

歯周病の症状と治療法

歯肉炎
歯ぐきに軽度の炎症が起きている状態です。ブラッシングの際に出血が出ます。
歯周ポケットの深さ:3mm程度
軽度歯周炎
歯ぐきが腫れてきている状態です。冷たい物を口にするとしみる他、口臭もきつくなる場合があります。また、顎の骨が溶け始めている可能性もあります。
歯周ポケットの深さ:4mm程度
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けてしまっている状態です。歯がグラグラし、出血や腫れ、口臭が起こる場合があります。また歯が浮いたような感覚になることもあります。
歯周ポケットの深さ:6mm程度
重度歯周炎
顎の骨が3分の2以上溶けてしまっている状態です。歯がひどくグラつき、歯根が露出して歯が長くなった気がします。そのまま放置をしておくと、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。
歯周ポケットの深さ:8mm程度

歯周病チェックで気になるところがあったなら、お早めにご相談ください。診療予約TEL 047-422-7177

上に戻る