歯並びが気になる~矯正歯科~

  • トップページ
  • 医院コンセプト
  • 院内紹介
  • アクセス
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ

きれいな口元と自然な笑顔を取り戻す矯正歯科

きれいな口元と自然な笑顔を取り戻す矯正歯科

歯並びや咬み合わせが悪いとお口だけでなく、体全体の健康にも悪影響を及ぼす可能性があることをご存知ですか? 歯並びをきれいに整え、咬み合わせを正すことは見た目と健康を両立する意味でも必要不可欠です。

船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」では、矯正治療に力を入れています。歯並びや咬み合わせが気になる方に対して、美しい 口元を手に入れるのはもちろん、健康増進のお手伝いもしています。ご自身の口元についてお悩みの方は、当院までご相談ください。

当院の矯正相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

矯正治療のメリットとデメリット

矯正治療のメリットとデメリット

矯正治療にはいいところもあれば、当然悪いところもあります。こちらでは矯正治療を行ううえで確認していただきたいメリットとデメリットをご紹介します。ただし、下記の項目がすべての患者様に当てはまるわけではありません。当院ではご要望などをお伺いしたうえで、それぞれの患者様に適した治療法をご提案します。

メリット デメリット
  • 口元に自信が持てる
  • ブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが減る
  • 食べ物をしっかり咬めるので、内臓の負担が軽減する
  • 正しい発音がしやすくなる
  • 咀嚼(そしゃく)回数が増え脳への血流が良くなり、記憶力が高まる場合がある
  • 時間と費用がかかる
  • 装置が目立つので矯正治療をしていることが周囲に分かりやすい
    ※クリアブラケットや裏側矯正で目立たない治療も可能
  • 矯正装置のせいでブラッシングが難しくなることがある
  • 歯根吸収(歯根が溶けてしまうこと)が起こる場合がある

当院の矯正装置紹介

メタルブラケット

メタルブラケット

多くの矯正治療で利用されている矯正装置です。金属製のブラケットを歯の表面に取り付け、そこにワイヤーを通すことで歯を少しずつ移動させます。費用が安く抑えられる他、多くの症例に適用できるというメリットがあります。

クリアブラケット

クリアブラケット

構造的にはメタルブラケットと同じですが、透明なブラケットを使用するため装置が目立ちにくいという特徴があります。また、日本人向けに国内で作られたものが多く、無理のない矯正治療が行える点がメリットです。

当院では、基本的に前歯はクリアブラケットを使用し目立たないよう工夫しています.
裏側矯正

裏側矯正

ブラケットを歯の表面ではなく裏側(舌側)に装着するので、前から見たときに目立ちにくいのが特徴です。多くの症例に適用でき、治療期間についても表側矯正と差がありません。

お子様の矯正治療

お子様の矯正治療

子供の頃に行う矯正治療は、骨などの成長の力を利用できるため、理想の歯並びを形成しやすい時期とされています。年齢や歯並びの状況にもよりますが、一般的には永久歯への生え替わりのタイミングがスムーズと言われているので、お子様の歯並びなどに不安のある親御さんはぜひ当院までお連れください。

お子さまのこんな癖に注意!?
タオルを咬む
タオルを咬む
爪を咬む
爪を咬む
指しゃぶり
指しゃぶり
唇を咬む
唇を咬む
咬み合わせが悪くなり、出っ歯になる場合がある 硬い物を咬み続けると歯や歯ぐきに負担がかかる 前歯に後ろから力がかかり、出っ歯になる場合がある 下唇の場合は出っ歯、上唇の場合は受け口になる場合がある
ほおづえ
ほおづえ
舌癖(ぜつへき)
舌癖(ぜつへき)
口呼吸
口呼吸
咀嚼不足・丸飲み
咀嚼不足・丸飲み
歯並びや顎の発育に悪影響が出たり、顔のバランスが崩れたりする 口を開けたまま舌を出したり前歯を押したりする癖。歯並びや発音に悪影響がでる場合がある。 虫歯になりやすいだけでなく、舌の位置が下がり、歯並びが悪くなりやすくなる 歯や顎関節に影響し、正常な発達ができない場合がある
小児矯正治療の方法について
床矯正

床矯正

取り外しのできる矯正装置をそれぞれのお子様のお口に合わせて作製。顎の骨を広げて、歯の並ぶスペースを作ります。取り外せるので矯正治療中でも歯磨きに困ることがありません。

ブラケット矯正

ブラケット矯正

大人のブラケット矯正同様、歯の表面にブラケットを装着し、ワイヤーを通すことで歯を移動させる矯正治療です。費用を抑えつつ本格的に治療が行えます。また、子供の場合には抜歯が不要となるケースが多いです。

歯並びが気になっている方、矯正治療に少しでも関心がある方はお気軽にご相談を。診療予約TEL 047-422-7177

上に戻る