小さなお子さんの歯を
守れるのは
親御さんだけです

小さなお子さんは、まだまだ自分自身でお口の健康に気を遣うのは難しいものです。
そのため、お子さんの歯を守れるのは親御さんだけだと言えます。
小さなころから歯を大事にすることは将来の虫歯・歯周病の予防や大人になってからの歯並びの良さなどにつながっていきます。
少しでも気になることがある場合は、
小児歯科のある船橋・Kメディカルモール内の歯医者
「あおぞら歯科クリニック 本院」までお連れください。
歯医者と親御様の二人三脚で、お子さんのお口の健康を守っていきましょう。

causes of tooth decay

子供の虫歯は
大人からうつる?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。
にもかかわらず虫歯になってしまうのは、ご両親など周囲の大人から赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつってしまうからです。これを「接触感染」と言います。
経路についてはさまざまなケースが考えられますが、おはしやコップなどの食器の共有や、キスなどのスキンシップなどが主な原因となります。

接触感染の予防

接触感染を予防するには、赤ちゃん用の食器を用意することやご家族全員のお口の中を清潔にしておくことが大切です。
お母さんの場合は妊娠中から、お父さんやおじいちゃん、おばあちゃんもお子様やお孫様のために小さなお子さんのために早めに歯科治療を行い、お口の環境を良くしていきましょう。
そして定期検診やメインテナンスで、健康な口腔内環境を維持しておくことも重要です。

when to go to dentistry

お子さんを歯医者に
通わせる
タイミング

  • 6か月~3歳
    乳歯が生えてきたら

    生後6ヶ月程度で、赤ちゃんには少しずつ乳歯が生えてきます。その後、合計20本の歯が3歳ころまでに生えそろうのが一般的です。自治体によっては1歳半検診や3歳児検診を実施しているので、このタイミングでも大丈夫ですので一度、当院までお連れください。お口に問題がない場合でも、予防のための処置を受けるようにしましょう。

  • 6歳~12歳
    大人の歯へ生え替わってきたら

    永久歯への生え替わりの時期には、歯列がデコボコしていて歯みがきがうまくできなくなるケースが多く、虫歯になりやすいと言えます。また、歯並びの乱れなども起こる時期なので、場合によっては矯正治療も必要です。まずは検査を行うために、一度当院までお連れください。

予防処置メニュー

  • 歯みがき指導

    子供の頃から定期的に口腔内をチェックし、専門的なクリーニングを行うことで、虫歯や歯周病になりにくい健康的なお口を維持できます。

  • フッ素塗布

    「フッ素」は歯の再石灰化を促し、歯質を強化するため、虫歯予防に最適です。特に生えはじめの歯にはとても効果的で、乳歯や永久歯の萌出時期に合わせて定期的に塗布することが大切です。

  • シーラント

    乳歯の奥歯は歯みがきがしづらいだけでなく、深くて複雑な溝となっているため、虫歯になりやすいと言えます。そのため、フッ素が含有されたレジン(歯科用プラスチック)を溝に詰めておくことで、虫歯予防に効果があります。

children’s dental health

お子様の年齢ごとに
注意したい
歯の健康状態

お子様の乳歯は生後約半年頃に生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が生えます。
これらの乳歯はお子様が成長するにつれ生えてくる永久歯の歯並びや噛み合わせに大きく影響します。

生後6ヶ月頃 お子様の歯磨きが必要になるタイミングは、生後6ヶ月頃の乳歯が生えはじめるころです。
汚れが気になった場合は、湿らせたガーゼなどで優しく拭き取りましょう。
1歳~3歳頃 1歳を過ぎたら歯ブラシやフロスなどを使用して、お子様の歯を優しく磨きましょう。
前歯12本と奥歯4本の乳歯は、1歳6ヶ月ごろに生えてきます。
3歳頃 3歳児健康診断の中の歯の検診では、お子様の乳歯の生え具合や噛み合わせの状態などを確認します。この頃からお子様に虫歯が発生しやすくなるため、注意が必要です。
6歳頃 6歳頃から生え始める永久歯は、噛む力が最も大きく、一番大きい歯です。
永久歯も虫歯になりやすいため、日々の歯磨きによるケアが大切です。

親御さんに
気をつけてほしい
5つのポイント

  • 01

    歯医者を
    悪く言わない

    「悪い子は歯医者さんに連れて行くよ!」といった言葉は子供に「歯医者=怖い、痛いところ」というマイナスなイメージを与えてしまいます。歯医者への通院をまるで「罰」であるかのようには言わないようにしましょう。

  • 02

    嘘をつかない
    ようにする

    「痛くないよ」「何もしないよ」といった嘘はつかないようにしましょう。虫歯などがある場合には、治療や処置が必要となります。嘘をつくことで親御さんへの不信感を抱いたり、歯医者に悪いイメージを持ったりする原因となります。

  • 03

    事前に
    歯医者に行くことを
    伝える

    歯医者へ行くことをあらかじめお子さんに話しておくことは重要です。何も言わないで連れて行くと「騙された」と感じてしまい、だだをこねたり、ぐずったりする場合もあります。お子さんの気持ちの整理をしてあげることも親御さんの役割です。

  • 04

    親御さんが緊張しない
    ようにする

    親御さんが歯医者で緊張していると、その緊張がお子さんにも伝わってしまいます。なるべくリラックスしてお子さんと一緒にご来院ください。

  • 05

    終わったら
    めいっぱい褒める

    治療が終わったらお子さんをめいっぱい褒めてあげましょう。少し大げさなくらいでも大丈夫です。褒めてあげることでお子さんは「次もがんばるぞ」と思ってくれます。

PICK UP!

当院の小児歯科では、お子様が歯医者を嫌いにならないように、歯科医師・スタッフが連携して明るくお子様に話しかけ、なるべく無理強いをする治療はしないように心がけております。
治療中も親御様はお子様と一緒に治療室にいることができますので、安心して治療を見守ることができるようにしております。