歯が痛い・しみる~虫歯治療~

  • トップページ
  • 医院コンセプト
  • 院内紹介
  • アクセス
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ

歯の痛みはすぐに対処しましょう~虫歯治療~

歯の痛みはすぐに対処しましょう~虫歯治療~

虫歯は自然に治りません。しみたり、痛みが出たりした場合には歯医者での診療と治療を行う必要があります。そのまま放置して症状が進行すると、最悪の場合は抜歯に至るケースも。いつまでも自分の歯を健康に保つためには「虫歯かな?」と思ったら船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」までお早めにお越しください。

虫歯の原因と治療のリスク

虫歯の原因と治療のリスク

お口の中の虫歯菌が食べカスなどを栄養源とし増殖。そして「酸」を生み出し、歯を溶かしてしまう現象が虫歯です。虫歯治療は軽度なものを除き、ほとんどが歯を削る処置を必要とします。そのため歯には必ずダメージが加わり、寿命を縮めてしまうのです。どんなに優れた人工物・技工物も天然歯に勝るものはありません。早期発見・早期治療で、お口の健康を守りましょう。

虫歯の進行と治療方法

進行の段階 症状 治療法
C0~初期の虫歯~
C0~初期の虫歯~
歯の表面のエナメル質が少しだけ溶かされただけの初期虫歯です。痛みはほとんどなく、歯の表面に白濁した部分が現れます。 毎日のブラッシングやフッ素塗布といった治療で改善できます。
C1~エナメル質の虫歯~
C1~エナメル質の虫歯~
歯のエナメル質が溶かされてしまい、茶色や黒い部分が見られます。冷たい物を口に含むとしみることがあります。 虫歯部分を取り除き、歯科用プラスチックであるレジンによって補います。
C2~象牙質の虫歯~
C2~象牙質の虫歯~
虫歯菌がエナメル質の内側にある象牙質にまで達した状態です。冷たい物だけでなく、甘い物を口に含んだ際もしみたり、痛みを感じたりします。 C1の時と同様、虫歯部分を取り除き、詰め物を使って補います。
C3~神経に達した虫歯~
C3~神経に達した虫歯~
虫歯菌が象牙質の奥の神経にまで達してしまった状態です。口に何も含まなくても、常に激しい痛みを感じる場合があります。 根管治療によって虫歯菌に冒された神経を取り除き、きれいに洗浄・消毒した後に被せ物を取り付け補います。
C4~歯根に達した虫歯~
C4~歯根に達した虫歯~
かなり重度の虫歯です。神経が壊死していますので、痛みはありません。ただし、歯根の先に膿が溜まるとまた激しい痛みに見舞われます。 多くの場合、抜歯を行い入れ歯やインプラント、ブリッジなどの補綴(ほてつ)治療を行います。

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

虫歯がC3(神経に達した虫歯)の段階になるまで進行してしまった場合には、根管治療を行う必要があります。根管治療は天然歯の根っこ(根管)を残すことができるので、さまざまなデメリットのある抜歯を回避できるのが最大のメリットです。ただし、この治療は高度な技術が必要であり、治療時間や通院回数も多くなります。そのため、根管治療が必要になるまで虫歯を放置しないようにすることが大切です。

虫歯だけじゃない? その痛みは知覚過敏かもしれません

虫歯だけじゃない? その痛みは知覚過敏かもしれません

虫歯以外で歯がしみる原因だと考えられるのが知覚過敏です。知覚過敏とは歯の表面のエナメル質が薄くなっていたり、歯ぐきが下がったりすることでエナメル質に覆われていない歯根部分が露出したりすることで起こります。主な原因は強い咬みしめやブラキシズム(歯ぎしり)、その他進行した歯周病だと言われています。

症状は一時的な場合もありますが、常にしみるようであれば当院までお越しください。コーティング剤を塗布して刺激を抑えたり、ブラキシズムなど咬み合わせが問題の場合はマウスピースの使用をおすすめしたりしています。

虫歯かな?と思う症状があるなら、お早めにご相談ください。診療予約TEL 047-422-7177

上に戻る