• 歯の知識

女性の歯科医院との付き合い方 1

船橋市のあおぞら歯科クリニック本院です。

 

見た目も大事にしたい女性の歯科治療方法についてお伝えしていきます。

女性はファッションをはじめ「見た目」に気を遣っている方も多いはずです。服装や髪型を整え、女性であれば化粧をしっかりしていて、さらに口元にも気を遣う方が増えてきています。

それは、口元が与える印象も大きいことに気づかれる方が増えたからかもしれません。

 

見た目の印象を更にアップさせるために口元のケアにはどのようなものがあるかご紹介します。

 

歯の色の重要性

歯は以下の3層によってできています。

・エナメル質(半透明)

・象牙質(白~薄黄色)

・セメント質

人から見られる歯の色は、象牙質の色がエナメル質から透けて見える色になります。

人により異なりますが、日本人は象牙質の色が、黄色っぽい人が多いのですが、普段の生活習慣によって歯に付着する色が変わることがあります。

例えば、タバコのヤニで茶色っぽくなってしまっている場合もありますし、ワインやコーヒーやココア、緑茶や紅茶など色がつきやすい飲み物を飲む習慣がある方も歯に色素が沈着してしまっていることもあります。

せっかく、ファッション、お化粧に気を遣っていても、歯の色が汚いと、相手に不潔な印象を与えてしまうこともありますし、逆に歯が白いと清潔な印象を与えることができます。

歯が白い効果として、ちょっとした歯並びの悪さや歯の凹凸も目立ちづらくなるということもあります。

 

歯を白くする

歯を白くしたい方は、日常的にホワイトニング用の歯磨き粉で歯を磨くこともできますが、ある程度効果を出したい場合は歯科医院でホワイトニングを行うこともお勧めします。

ホワイトニングは、歯科医院で行うものと、ご自宅で行えるものもあります。

ご自身のライフスタイルによって使い分けている方がいらっしゃいます。

 

治療済みの歯を白くきれいに治す

思い切って笑った際に見えた歯が銀歯ばかりだったと見えれば、歯のケアをおざなりにしてきたとだらしない印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

銀歯になっている箇所を白くするために、セラミックという素材を使用して治療をすることもできます。

セラミックは保険適用外のため、治療費は保険内の治療をするよりも高くなってしまいますが、自身の歯の色に近い自然な白さになるので、治療したことが目立ちにくく、見た目にキレイで、耐久性が高く変色もしにくいというメリットがあります。

セラミックには種類があり、セラミックの種類によっては金属アレルギーの方でも安心して使うことのできる素材もあります。どの素材が良いかは治療する歯の箇所等によって適した材質がありますので、歯科医院でご相談されることをお勧めします。

 

あおぞら歯科クリニック本院のホワイトニング・白い詰め物はコチラ

 

船橋の歯科・歯医者|土日祝日診療 駐車場完備|あおぞら歯科クリニック本院