あおぞら歯科クリニック本院

船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」のホームページです。

*

親知らずが気になる!治療ができる船橋の歯科は?

      2017/07/06

船橋歯科親知らず

親知らずは抜いた方がいい?

親知らずは、大臼歯の一番後ろの歯です。第三大臼歯や智歯(ちし)とも言われる歯で、永久歯の中で最後に生えてくるものです。智歯は10代後半から20代前半の時期に成長します。智歯は生える人もいれば生えない人もおり、原因についてはっきりしたことはわかっていませんが、この歯が生えなくても問題はありません。智歯が生えていて気になるという方は船橋のあおぞら歯科クリニックまでご相談ください。

智歯はすでに生えそろっている永久歯の隙間から無理に伸びてくることになるので、一部しか出てこれなかったり、斜めに生えてきたりします。こうなるとブラッシングも十分にできなくなり、トラブルにつながることもあります。もっとよく見られるのは智歯周囲炎です。歯茎が炎症を起こして口が開きにくくなったり、頬が腫れることがあります。

埋もれている知歯の周りに、嚢胞ができ化膿することがあります。化膿するまでは痛みなどの自覚症状がありません。また、横向きに生えていると他の歯を圧迫するので歯並びが悪くなってしまうことがあります。

智歯周囲炎になった場合は、痛み止めや化膿止め、うがい薬などを使って炎症を鎮めた後、歯肉を切除しますが、炎症を繰り返すようなら抜くのが適当です。智歯が横に生えている場合は、歯周病や虫歯の原因になりやすいですし、長年放置しておくと手術が難しくなることもあるため、早めに抜歯する方がよいと判断することもあります。腫れや痛みが出てからでは、麻酔も効きにくいので、その意味でも智歯の生え方によっては早めに抜く方がよいとされています。

親知らずは必ず抜かなければならないというものではありません。抜く必要がないのは、上下ともまっすぐに生え、かみ合っている場合、顎の骨の中に完全に埋まっていて周囲の歯や骨に悪影響がない場合です。また、親知らずをブリッジの土台にすることもありますし、隣の歯に問題があって抜いた場合に代用として使われることもあります。船橋のあおぞら歯科クリニックではご説明を十分した上で治療に入りますので、お気軽にご相談ください。

船橋歯医者口コミ

あおぞらバナー

 - 船橋歯科