あおぞら歯科クリニック本院

船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」のホームページです。

*

入れ歯を作りたい時に行く船橋の歯科

      2017/06/06

船橋歯科入れ歯
歯周病や虫歯で歯を失ってしまった場合、放置しておくと様々な弊害があります。船橋のあおぞら歯科クリニックでは、お一人お一人に合った入れ歯(義歯)を製作しています。以前に作った入れ歯が合わないという方もお気軽にご相談ください。

1本でも歯が抜けてしまうと様々なデメリットがあります。たとえば、無くなった歯の両側の歯が倒れ込んでくる、噛み合わせが悪くなるので肩こりなどの原因になる、咀嚼が十分できないので内臓に負担がかかる、発音に影響が出る、顔の輪郭が変わる、歯磨きがしづらくなり、虫歯や歯周病になりやすくなるなどがあります。

歯を失った場合の治療には義歯とブリッジがありますが、義歯による治療にもメリットとデメリットがあります。メリットはほぼすべての症例に対応でき、1カ月程度で治療が終わり、保険でできるので費用がかからない、ブリッジのように健康な歯を削る必要がないなどです。デメリットは義歯だと分かってしまう、咀嚼力の回復はあまり見込めない、時間の経過とともに合わなくなってくるのでメンテナンスが必要、顎の骨がやせやすくなるなどです。

義歯による治療には保険診療と自費診療があります。保険診療なら費用も安いですし修理もしやすく治療回数も少なくてすみます。ただ、見た目が入れ歯だとすぐにわかってしまう、痛みや違和感がある、食べ物の熱が伝わらないというデメリットもあります。自費診療で作る義歯は自分の希望に合ったオーダーメイドのものを作れる、見た目が自然で入れ歯だと分かりにくい、咀嚼時の違和感や痛みがない、金属床のものなら熱さが伝わり美味しく食事ができるなどのメリットがあります。デメリットは費用がかかり、修理しにくい素材のものもあるという点です。
自費診療の義歯にはノンクラスプデンチャーと言ってFRS樹脂でできたフィット感がよいもの、内側に生体シリコンのコンフォートを使用し、外れにくくなっているコンフォートという義歯もあります。船橋のあおぞら歯科クリニックでは、保険診療であれ自費診療であれ、患者様のご要望に合った治療を行いますので安心してお越しください。

船橋歯医者口コミ

あおぞらバナー

 - 船橋歯科