あおぞら歯科クリニック本院

船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」のホームページです。

*

船橋で歯周病の治療ができる歯科

      2017/06/01

船橋歯科歯周病

歯周病とその治療について

船橋のあおぞら歯科クリニックでは歯周病治療も行っています。この病気はゆっくりと進行している場合気づきにくいものですが、違和感があるのに放置しておくと最終的には歯を失うことになるので早めの治療が大切です。

歯と歯肉の間には歯肉溝という隙間がありますが、ここにプラークが溜まると歯肉の周辺が炎症を起こします。そのままにしておくと、歯と歯肉の溝はさらに深くなり歯周ポケットができます。そして歯を支えている歯槽骨という骨が溶けて歯を支えられなくなり、歯がぐらぐらするようになって最後は、歯を抜かなくてはならなくなります。

自分が歯周病かどうかを判断するためのいくつかのポイントがあります。たとえば、起床時に口の中がねばっとしている、口臭がきつくなった、歯磨きをすると血が出る、歯肉が腫れていて赤くなっている、固いものが噛みづらい、歯と歯の間に隙間ができて食事をすると歯に食べ物がはさまる、歯肉にかゆみや痛みがある、歯が長くなったなどです。この中で3つ当てはまるなら注意が必要で、6つ当てはまっているなら歯周病が進行しているかもしれないので、歯科を受診することをお勧めします。

治療の際はプラークを取り除き、歯の根の面を滑択化します。歯の根の面を滑択化というのは、歯石ができてでこぼこになった根面を滑らかにしてプラークがつきにくくすることを目的として行われるものです。また、歯や歯の根の表面のプラークや歯石を器械を使って除去するスケーリングも行われます。

歯周病が進んでしまうと、歯が動いてかみ合わせが悪くなり負担が大きくなるので、負担の軽減のために咬み合わせの調整も行われます。専用の接着剤を用いて歯どうしを接着しぐらぐらしないように固定することもあります。これら基本治療によってポケットが2~3mm程度に浅くなれば定期検診になります。基本的な治療でも治らない場合は、ポケットを浅くする手術や失われた骨を再生させるための手術も行われます。船橋で治療をお考えならあおぞら歯科クリニックまでご相談ください。

船橋歯医者口コミ

あおぞらバナー

 - 船橋歯科