あおぞら歯科クリニック本院

船橋・Kメディカルモール内の歯医者「あおぞら歯科クリニック」のホームページです。

*

船橋の歯医者の費用を安くするには

      2016/05/25

保険適用の治療なら安くすむ

船橋歯科費用

健康保険の適用となる治療は3割負担です。
これに対してインプラントなどの自費診療は10割負担となります。
費用を安く抑えるには保険適用治療が好ましいですが、耐久性や審美性を考慮すると自費診療の治療にはかないません。
治療費を安く抑えられるのは嬉しいでしょうが、悩みを解決できなければ意味がありません。
なぜ治療を受けるのか明確にした上で、適切な治療法を選びましょう。
安い治療には相応の制限があるため、いいとは言い切れません。
細かな治療を何度も繰り返すよりは、少々高くても完治させたほうが生涯における治療費は安く抑えられるでしょう。
安いことは嬉しいものですが、安さには理由もあると考えましょう。
虫歯や歯周病の治療は保険適用となりますが、審美性や咀嚼力を重視するインプラントなどは適用外となります。

治療費は多めに見積もっておこう

船橋の歯医者を利用される方は、治療費を多めに見積もっておく必要があります。
検査を受けたときに大まかな総治療費はわかりますが、あくまで目安でしかありません。
途中で気持ちが変わって、治療法を変えたくなる場合もあります。
予算を少なくしすぎると、治療の選択肢は狭くなってしまいます。
高額な治療が100%よいとは言い切れませんが、高度な最新治療を求めるなら必然的に高額となります。
ひとつ言えることは高額な治療ほどメリットが多く、デメリットが少ないことです。
歯のトラブルは中途半端に治してしまうと再発します。
少々治療費が高額になっても、高度な治療を受けたほうがいい場合もあります。
今現在の治療費を抑えることよりも、10年後、20年後の状態をイメージして治療法を決めていく必要があるでしょう。

普段から予防歯科を受けておこう

生涯における歯科治療費を抑えるには、普段から予防歯科を受けておくことが大切です。
定期検診を受けておくと、虫歯や歯周病を重症化させずにすみます。
歯並びや噛み合わせなどのトラブルもいち早く治せるのです。
歯のトラブルは放置しておくほど治療が難航します。
すぐに自覚症状が出ないことが多いゆえに、自覚症状が出るころにはかなり進行していることが多いのです。
何より予防検診を受けておくことで、自分の歯を守ることができます。
インプラントは優れた咀嚼力を発揮しますが、自分の歯にはかないません。
自分の歯を守りつつ、状況に応じて歯並びや噛み合わせの矯正をしていきましょう。
しっかりと噛めることは健康維持の第一歩なのです。
歯並びや噛み合わせに問題があると、胃腸障害や肩こりなど口腔以外のトラブルも招いてしまうのです。

あおぞらバナー

あおぞら問合せバナー

 - 船橋歯科